司法書士とは?

司法書士(しほうしょし)とは、他人の依頼を受けて、裁判所・検察庁・法務局又は地方法務局に提出する書類の作成及び登記又は供託手続きの代理を職業とする者。

では具体的にどのような業務なのか簡単に説明してみます。

1.不動産登記

司法書士は、あなたに代わって不動産登記を行います。
具体的には、土地や建物などの売買、相続、贈与、抵当権の設定や抹消などの申請書類などをあなたに代わって作成し、登記を申請します。司法書士は、その高度な法律知識を背景に不動産登記を行うことで、あなたの権利を守ります。また、適正な不動産登記を行うことで、迅速かつ安全な不動産取り引きに寄与しています。

2.商業登記・法人登記

司法書士は、会社や法人の代表者から委任を受け、その代表者に代わって商業・法人の設立、役員変更、増資、合併、会社分割、解散などの登記手続を行います。

3.供託手続代理

司法書士は、供託手続きを代理します。
供託とは、供託所を通じて、ある財産を特定のひとに受け取らせることを言います。法律の規定により、金銭や有価証券などの財産を供託所に預け、それを相手に受け取らせることで、弁済などいろいろな法律上の効果を生じさせようとするものです。

4.裁判

司法書士は、裁判をお手伝いします。
最近では、自分で訴えを起こされる方が増えてきました。司法書士は、訴えの提起から、その維持・進行まで、深く広い法律知識と経験で側面からお手伝いします。
訴状など作成はもちろんですが、依頼者に対する助言・指導も司法書士の大切な仕事です。
また、簡易裁判所においての民事裁判手続きや調停・和解などについて依頼者の代理人となり法廷に立つこともできるようになりましたので、より身近な法律家としてみなさまの権利を守るお手伝いができます。

あなたの町の法律家、それが司法書士です、お気軽にご相談ください。

所長のプロフィール 当事務所の特長 各種料金表 新着情報 関連リンク 所長の開業奮闘日記